ライフスタイルに合わせて考える生命保険の必要性

みなさんは自分がどのような保険に加入しているのか、しっかり把握できていますか?
社会人になると同時に親や保険会社から勧められた保険に加入しましたという人も多いのではないでしょうか。
生命保険に加入していればなんとなく安心という風に思ってしまうかもしれません。
しかし、生命保険は人生でも1,2を争う高額な買い物です。
生命保険に加入する目的や必要性について考えてみましょう。

生命保険とはどんな仕組みなの?

生命文化センターの調査によると、日本の9割の世帯がなんらかの形で加入している生命保険。
この生命保険という商品は大勢の人が公平に保険料を負担し合って、万一のことがあった時に給付をうけることができる仕組みです。大勢の人による相互扶助によって成り立っているのです。

ライフスタイルで考える生命保険が必要な人、不要な人

生命保険の保険金は、自分が死亡した際に自分ではない誰かが受取るお金です。
そうなると、家族構成によって必要な死亡保障額が変わってきますよね。
大きくパターンにわけて考えてみましょう。

独身
ライフスタイルがどのように変化するかわからないので、手厚い死亡保障よりも貯蓄を考えたほうがよいでしょう。
会社によっては死亡退職金や弔慰金が出るケースもあり、その場合は生命保険自体必要ないかもしれません。

夫婦
共働きの場合、自分の収入がなくなることで相手の生活に影響がでないように必要生活費を計算してみましょう。
公的保障として遺族基礎年金や遺族厚生年金もありますので、その上で足りない額を確認して生命保険を見直してみましょう。

子どもがいる家族
子どもの年齢にもよりますが、幼いうちは養育費が多額になることが予測されます。その場合は必要な費用を計算して子どもが成長するまでの間は掛け捨ての生命保険や収入保障保険をかけて手厚くしておくと安心でしょう。

子どもが独立したあと
高額な死亡保険は必要ありません。葬儀代や死後の整理に必要となりそうな資金がいくらかを考えて検討しましょう。相続対策として保険を考えるのも一つの手段です。
資産として考えるのであれば、今は予定利率が低いためインフレがきたときに検討するのも良いでしょう。

既に保険に加入済みの方へ保険を見直すためのポイントを押さえておくための情報をご案内しておきます。

保険は、マイホームに続いて「人生で2番目に大きな買い物」とも言われます。保険料は、数万円くらいずつとはいえ、毎月支払い続けていればかなりの金額になります。だからこそ、「自分にあった保険選び」が重要で、「保険の見直し」も大切なんです。

とはいっても、新しい優れた保険が出てきたら、すぐに見直しすればいいというものでもありません。見直しで絶対に得をするとは限りませんから、しっかりと判断できるようにしておきましょう。今回は、保険の見直しをするときに気をつけておきたい注意点や知っておきたい基礎知識をまとめました。

出典:保険見直しするならまずデメリットも知るべき!ケース別保険見直しポイント (保険見直しLAB)

生命保険はあなたに万が一のことがあったときに、家族を守ってくれるとても大切なものです。今の保険のままで間違いなくしっかりとした保障を受けることができるか、考えてみたことがありますか? だからといって必要以上の保障を受けてしまってはその保険料は無駄使いということになります。

特に保険を結んだときから結婚や出産などで生活が大きく変化した人は、昔結んだ保険が現状に合わなくなってしまっていることが多くあります。仕組みが複雑で難しい生命保険ですが、自分の身の丈にあった保険を選ぶために、ちょっと生命保険について知っておきましょう。

出典:生命保険の加入者が知っておくべき5つの見直しポイント (保険コネクト)

では、医療保障は必要?

貯蓄があれば医療保険の必要性は低い、という専門家の方もいますが、入院するとどのような費用がかかってくるのか考えてみたいと思います。
入院した場合、個室を希望すれば差額ベッド代、食事代、日用品などは自己負担となります。
公的社会保障による高額療養費制度により、保険適用内の治療であれば医療費は所得に合わせて一定額に抑えられます。国からの補助により、多くの方は月々最大約9万円程度の負担で治療をうけることができます。

しかし、保険適用内の治療に限られますので先進医療には適応されません。
確かに先進医療を受けるような病気にかかる可能性は低いでしょう。ですが、その万が一の時に選択しを広げるために備えるのが「保険」です。
うちはがん家系なのでがんにかかるリスクが高そうで心配、というかたは医療保険やガン保険を検討されたほうがよいかもしれません。

サラリーマンの方であれば、入院しても傷病手当金が給付されます。これは自営業の方が加入している国民健康保険にはない制度ですので、自営業の方はサラリーマンの方よりも手厚く入院に備える必要があります。

会社員との最大の違いは傷病手当金を受取れないことなのです。
会社員だったら、病気やけがのために会社を休み報酬が受けられない場合に、1日あたり標準報酬日額の3分の2が最長18ヵ月間も支給されるのに…。また多くの会社員にある「有給休暇」や「会社の欠勤保障」も全くありません。

出典:傷病手当金、自営業者の不安とは? (保険比較ライフィ)

私たちの生活には予期できないリスクが多く潜んでいます。
急な病気や事故により、病気やケガ、介護状態に陥り今まで通りの生活を送ることができなくなる可能性は0ではありません。
いつ起きるかはわからないけれど、まとまったお金が必要となるときのために備えておくのが保険です。
自分で納得できる保険に出会えるように様々な商品を検討してみてください。

保険会社調査データ

Copyright (C) 2015 生命保険入門ナビ★. All Rights Reserved.